2011年03月13日

生きた心地しなかった!

11日全日本プロレスは石巻大会でした。
選手は当日入りだったが、我々リングスタッフ6人は前日入りで石巻に。
11日午後1時少し前より設営開始。
2時過ぎに設営終了。そして、2時45分頃少しの揺れを感じた、その時は、まだ余震程度にしか思わなかった瞬間大きな揺れ、慌てて体育館の外に出ると立っていられないくらいの大きな縦揺れ。地面に亀裂が入りヤバイと思い駐車場横の公園に避難。そこで収まるのを待って。
少し収まったので、体育館に入ってみると、水銀灯がいくつか落下、ステージの壁が剥がれ落ち、フェンス際には、天井から落っこちてきたであろう、大きな鉄骨が落ちていた。

興行どころではないと思い、余震の中撤収作業を行った。
その間大きな揺れは数十回、まさに命がけの撤収作業であった。
撤収作業が終わり移動しようと思ってトラックのテレビで改めて地震の大きさを知る。
二日間の避難所生活で石巻をでれましたが、石巻ではまだまだ避難所生活をされてる方々がいらっしゃるので、いち早くの復興をお祈りいたします。

石巻の現状、避難所生活はまた報告します。
spacer
posted by 296 at 19:00 | 日記